凜と輝く私になる けいこ先生のブログ

秘書のような社員を育てる

私は、「秘書のような社員を育てること」が目標で

約20年間マナー講師をしています。

 

「秘書」と聞いて、どのようなイメージがありますか?

 

ニュースやドラマで取り上げられる秘書のイメージと

実際の秘書はちょっと違うかな…。

 

一言で言うと、秘書は「トップ(経営者・社長)のサポート役」です。

 

トップも人間です。

正直、完璧ではありません。

なので、サポートが必要です。

 

秘書がサポートすることで、トップが良い仕事ができます。

良い仕事ができると、さらに良い方向へ繋がっていきます。

 

トップは「孤独・忍耐・継続」この3文字が

いつものしかかっています。

はたからみれば、

華やかで自由で、お気楽に見えるかもしれません。

私も秘書になるまでは、そう思っていました。

しかし、実際トップと関わってみると

仕事の量がものすごく多い。

いつも考え事をしている。

次から次へと問題&課題が出てくる。

最終的に決めなければならない。

責任は全部トップ。

 

ホントに大変だなと思います。

 

当然、ミスもします。

体調も崩します。

時々、投げ出したくなることもあると思います。

それでも、トップの宿命を背負って

今日も頑張っていらっしゃるのです。

 

そんなトップに、寄り添い、理解し

同じ目標に向かって歩んでくれる社員が増えたら

会社全体が良い方向へ進んでいくのではないでしょうか。

 

秘書は、常にトップと同じところを見ており

全力でサポートします。

トップの軸がブレると

意見を述べたり、アドバイスをします。

毎日の健康状態も気にかけ、体調管理もいたします。

部下との意見の食い違いが起きそうなときは

両者が歩み寄り、お互いがより良い方向へ向かうよう

サポートします。

守秘義務も守り、信頼関係も強く

冠婚葬祭や一般常識、マナーの知識も豊富です。

 

そんな、社員が増えるといいですよね。

 

秘書のような社員。

 

これからの時代、AI導入に伴い物理的な満足度は

どんどん上がっていくと思います。

しかし、本来私たちが求めていることは「人と人とのふれあい」です。。

感動、感謝…このような感情を得られる関係が一番求められることだと

思います。

 

今のこの時代だからこそ、

今まで以上に社員研修の重要性を感じています。

 

研修をご検討の方は、ぜひご連絡くださいませ。

一緒に考えていきましょう。

男性育休制度とは?職場環境は大丈夫?

男性が育休を取得するとは、どのようなことなのか…

職場に影響はないのか…

男性育休が取れたとして、自宅では何をすればよいのか…

 

そんな疑問や不安感を一気に解消!

まずは新しい制度を学んで、子育て期のワークライフバランスを

デザインしてみませんか?

 

6月18日(土)にワークライフバランスコンサルタントの

伊藤美佳さんをお招きし、セミナーを開催いたします。

ご興味ある方は、ぜひお越しください。

お待ちしております。

 

詳細・お申し込みはこちら

ワークライフバランスセミナー~男性育休とこれからの働き方~

大好きな人

俳優の渡辺裕之さん。

私は若い頃、彼の大ファンでした。

もちろん、今も大好きです。

 

どことなく素人っぽくて

でも、ブレない芯があり、頼りがいがある雰囲気で、

キリッとしたまなざしの中に、人としてのあたたかさがあり

男らしくてかっこいい。

年齢を重ねるごとに、ますます魅力が増し

これからも様々な役に挑戦されるであろう方が

突然旅立たれ、とてもショックです。

 

渡辺裕之さんが出演されるドラマが好きで

映画が好きで

CMが好きで

結婚したいな~と思うくらい大好きでした。

 

子供のころに見たドラマ「愛の嵐」

愛の嵐のラストシーン

田中美佐子さんと渡辺裕之さんが手を繋いで

階段を下りるシーンが今も鮮明に印象に残っています。

 

渡辺裕之さん、

素敵な時間をありがとうございました。

男らしいかっこいい渡辺裕之さんの姿は

私の心の中でずっと生き続けます。